読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「リバース」ネタバレなし

リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)

ドラマ1話をたまたま観て続きが気になりすぎて文庫を買い、ゆっくり読むつもりが止まらず一気に読んでしまいました
湊かなえさんは「イヤミス」ということで、わざわざ本読んで嫌な気分になるのもな〜と今まで手に取ったことなかったのですが
(映画の告白は観たので尚更…笑)

「リバース」すごく面白かったです!
なんかもう陰キャにおすすめ!!って感じ
ちょっとした言動への主人公のモノローグがリアルすぎて胸が痛くなりました

事件の核心よりも広沢の思考が読めていなかった自分に なんて私は鈍感なんだ…とショックを受けました

ドラマは設定の変更やキャラクターの追加があったりしてこちらもまた楽しく観よ〜と思います(๑´ڡ`๑)
シリアスと藤原竜也さんのコミカルな演技が緩急あってかなりツボです
そして戸田恵梨香ちゃん相変わらず可愛い

遙かなる時空の中で3 Ultimate

遙かなる時空の中で3 Ultimate

GC予約したその手で運命を変えるBOXが届きました!
PS2PSPときてvitaでプレイできる日がくるとは…
フルボイス化を熱望していたわけではないけれどやっぱりテンション上がります、フルボイス!
遙かは1〜6それぞれ思い入れがあってどれが一番かは決められないけど、フルコンプに向かうまでの熱が高いのはやっぱり3だと思います。
それまでの過程、章移動などうろ覚えのところも多いので追加要素と共にまた新鮮な気持ちでプレイできそう。
戦闘画面がそのままっぽくてめっちゃ荒いのは致し方ないと思うことにしよう。
今回泰衡を攻略できることになったのは何年か前釣り記事に騙されたくらいだったので実現して感無量。
とりあえず最初は愛しのあっんからー!

望美が強い強い言われることを目にすることが増えたけど、人によって受ける印象が違うだろうけど、私は手放しで最強とは言いたくないなと
望美は強く立ち向かわなければいけない境遇で強くあろうとした普通の女の子だと思ってます。

iQOS(アイコス) ホルダー赤ランプ

さぁ吸おう!と思ったらiQOSホルダーが赤ランプ…再度充電してもまた赤ランプ…なんてことがここ数日続きました。

この待ってる時間がイライラしますよね( ˘•ω•˘ )

で、チャージャーの再起動を試しても改善しなかったのですが、

ホルダーのおしりの部分とチャージャーのホルダーのおしりが当たる部分を拭いてみたら無事直りましたー!

普段ホルダーの中しか掃除してなかったので盲点でした。

購入してから8ヶ月、まだまだちゃんと使えそうです(°▽°)

ペルソナ5 ネタバレあり

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5、一周目やっとクリアしました!
3月19日に到達したのが12月始め頃だったので本当はもっと早く終わってたはずだったのだけど、退職の手続きやらなんやらでゴタゴタしてしまい遅くなってしまいました
最後挨拶回りをしてる途中で消費アイテムを売ろうとするも岩井が買い取ってくれず
「なんでだよ!買ってくれよ!」と暫くウロウロしクリスマスまでロードするも無意味に終わる
ラスダンで注意が出てたけど全部済んだ後また行けるよなと軽く考えていた…後悔

そして、エンディングを迎えて、感想としては
面白かったー!
ゲームとしては当初の期待以上でした
というのも最初のトレーラー、赤い画面に枷の付いた椅子がダーク感を醸し出しててワクワクしたもののその後怪盗と聞いて何だそのふざけた設定は…と冷めていたのです、が
いざ蓋を開けてみたら全然おふざけじゃなかった
誰しも抱くであろう理不尽に対する怒り、都合のいい大衆、これが正しいのかという自問
それらを経てペルソナがなくとも戦えると仲間達が示してくれるシーン、素晴らしかったです

でも会話の端々に違和感を抱くことがちらほらあったりしてちょっと引っ掛かるような…??
偶然だとあまり気にしていなかったことも終盤で「ん?どこまでが出来レース?」と
でも真エンドはないってことらしいので今の段階では想像しかできないけれど

さらにネタバレ&感想羅列

今回自分的一番の盛り上がりはなんと言ってもイゴールでした!
最初はイゴール声めっちゃ低!お、お前呼ばわり…キャラ全然違うし…渋かっこいいじゃないの!
田の中さんの印象が強いからあえて似せずに違う雰囲気にしてきたんだろうなぁ正解だよ
なんて思ってたんですけど本物登場で
「うっうあああああああああ;;」とリアルに泣き叫んでしまいました
もうまんまと騙されましたペルソナスタッフさんすごい!ニクいことしてくれるんだから!

そして主人公達とどういう関係を築いていくのかドキドキしていた明智
明智がいることで怪盗団がまるっと正義!てなことにならず良いバランスを保ってくれていたので、明智が仲間になって怪盗団サイドに来ちゃうとなぁと思っていたのですが
結果バランス取るどころじゃない予想以上の展開&本性でした
もっと早く主人公と出会っていれば、としか思えないところが切ない
総攻撃フィニッシュのハイな感じとか少し幼さのあるパレス内での台詞とか、もっと一緒に過ごしたいなぁと思うキャラだったのですが…
完全版とか出たとしても殺しやってたらこの先どうこうなることはないんだろうな、と
保志さんの熱演素晴らしかったです
中の人とか忘れさせてくれる演技で本当に素敵でした

上記のイゴールの騙されたとは違い、明智関連のトリックはプレイヤーの知らないところで主人公達が作戦を立ててるのは反則だろーと一番モヤっとしたところでもあります
パンケーキから始まりその他も小出しになってはいましたがこうくるとは…??という感じ
トリックとしてもご都合が過ぎるし、主人公=プレイヤーの場でこれをやる意味はあったのでしょうか

あとは良かったところ、やっぱりシャドウ=悪魔とコンタクトでしょうか!
コンタクトはかなり簡単になってたのでもっと悪魔との会話をあーだこーだ楽しみたかったですが、自分はここのシャドウじゃないと思い出すのとか感動的
あの子がいないな〜ってのもあるので次回はもっと増えてるといいな
合体がギロチンなおかげで収録できなかった悪魔がいるというのは本当なのでしょうか
ギロチンはちょっと可哀想に見えてスキップしてました

ペルソナは毎回UIやBGMがかっこよくて、
しかもそのスタイリッシュさが鼻につくオシャレ感まではいかないギリギリのところなのがすごい!
特にデザインに関しては今回とびきりでした

自分の中でバトルのスピード感は3、ストーリーは4、という気持ちは変わりませんが
久しぶりにちゃんとゲームしたなって感じでした
総括としては本当に楽しかったです!
また5の皆に会えるといいな〜

有栖川有栖先生「狩人の悪夢」ネタバレなし 感想追記

有栖川有栖先生「狩人の悪夢」

狩人の悪夢

狩人の悪夢

ネタバレなしというか昨日購入してまだ読み途中
積ん読あるけどたまには発売してすぐ読みたいなと思って、有栖川先生の本をハードカバーで読むのは朱色ぶりだったりして
綺麗なカバーで(カバー下も素敵!)厚みのある感触で気分は高まるのだけど寝転がって読むと左向いて…右向いて…背中が痛くなって上を向いて…とポジションが定まらないのがやっぱり難点だなぁと。
でも新刊で読めるの嬉しい!
購入した方々のお話も読んでわくわく感を共有したいけどネタバレ見ちゃいそうなので読了までガマン

追記

物語終盤、もうすぐ終わっちゃうってなると一旦本を閉じてしまう悪い癖が。いつもの事なのだけど。
登場人物が多いわけじゃないのに犯人の見当はサッパリつかず
犯人の姿が段々見えていく過程はドキドキでした
ミステリ部分以外でも登場人物の心情や火村とアリスのやりとり、ふとした一文で現代社会が表れていたり、読み応えがありました
相変わらずクスリとできるところが所々あるのも楽しくて好きです。
あとがきを読んで安心しつつ、これからも楽しみにしております。

世界線を越えて

東京タラレバ娘

1巻が発売された時、「これは危険だ」と思ってずっと避けてた代物
デジタルで1巻無料になってたので「今なら読める!」と読んでみたら止まらなくなって一気に7巻まで。
何で今なら読めるのか。昨年結婚したから!!!!!!
もう、やっぱりね!私の判断は正しかった!!独身の時読んだら死んでた!!!!
かと言って既婚だからって余裕しゃくしゃくで読めるなんて思ってない。
現にタラレバ娘は別の世界線の私たちだった(勝手に親友を巻き込む)
すっっっごく怖かった。面白いけどかなり疲れた。
ただ楽しいだけだったのに年を重ねる事に段々気付く
結婚してれば、子供がいれば、バリバリ稼いでれば、生きがいがあれば。どのポジションにいても不安はつきまとう
そりゃあ不安を抱えてるのはみんなみんな同じだけど、そんな不安の中で独りではとてもいられない。
自信なんてないけど、ちょっとはある。それなりの外見で、それなりの恋愛して、自分で選んでこれたからこそ陥る。

割りとシンクロ率高いから読んでみて!って友達に勧めたけど 怖いから絶対読まない☆って言われた。
主人公たちと私たちはちょうど同い年
コミックでもアニメでもなんでもやっぱり出会うべくして出会うんだなぁ

キングダムを買う時

[コミック]キングダム

好きな作品がテレビで特集されてから品切れ重版繰り返し巷で流行ってますみたいな感じになると、
嬉しーんだけど新刊買う時ミーハーだと思われたらやだな!みたいなのあるじゃないですか
別に流行ってるから読み出したわけでも男の影響でもないですよ!と
それを少しでも主張する言葉
「袋いらないです」
もちろんカバーもいりません。
レシートを間に挟んで颯爽と帰れば慣れてる感が出せること請け合い。

因みに自分が書店員だった頃、お客さんに対して『この人ミーハーだな』なんて1ミリも思ったことありません。

なのに何故か気にしてしまう
まさに何と戦ってるんだ状態

前の巻から読み直そ~と思ってそのまま寝ちゃったので今夜ちゃんと読みます